フォト
無料ブログはココログ

2017年5月 6日 (土)

スペイン・ポルトガルの世界遺産16

スペイン・ポルトガルの世界遺産の最後は、古都トレド

Img_4148

トレドは、三方をタホ川に囲まれた岩山に築かれた天然の要塞都市

Img_4155

Img_4146

Img_4147

アルカサル(軍事博物館)

Img_4149

トレド大聖堂

Img_4150

Img_4153

Img_4161

Img_4162

Img_4166

サン・マルティン橋

Img_4165

旧市街地へは、この門から入ります。

Img_4178

Img_4172

Img_4185

Img_4181


Img_4186

Img_4183

Img_4189


Img_4190


Img_4192


Img_4193

Img_4195


Img_4196

Img_4205

Img_4209


Img_4212

Img_4213

Img_4215

Img_4216

Img_4217

Img_4219

サント・トメ教会  

Img_4220

12世紀にアルフォンソ6世が建造した教会、エル・グレコ最高傑作のひとつである「オルガス伯の埋葬」が展示してある。

Img_4222

Img_4224

カテドラルの塔

Img_4226

Img_4229


トレド大聖堂 カテドラル

Img_4231


フェルナンド3世の命により1226年に着工し1493年に完成した、スペインゴシック様式最高傑作ともいわれる大聖堂

Img_4233

Img_4234

Img_4235

Img_4236


Img_4237

Img_4239


Img_4240

Dsc_1176


Img_4241

Img_4242

Img_4243

Img_4246


Img_4245


Img_4247


Img_4248


Img_4249


Img_4250


Img_4251


Img_4252

Img_4257

2017年4月12日 (水)

スペイン・ポルトガルの世界遺産その15

マドリッド市内の観光

オリエンテ広場にある、ドンキホーテとセバスチャンの像

Img_4057


Img_4059

徒歩にて、王宮へ

Img_4085

Img_4067

Img_4071

王宮の周辺

Img_4083

Img_4102

Img_4077


Img_4091

Img_4074

Img_4094


Img_4089


Img_4107

プラド美術館

小銃を構えた警察官が警護。

Img_4110

プラド美術館

Dsc_1151

エル・グレコの胸に手をあてた貴人の像、ゴヤの裸のマヤ、着衣のマヤなどを観賞

Dsc_1147

美術館前のサン・ヘロニモ・エル・レアル教会

Dsc_1150

Dsc_1154

トレドの門

Img_4121_2

市役所

Img_4119

トレドに行く途中のレストランの壁には、ドンキホーテ。

Dsc_1169

2017年4月 9日 (日)

スペイン・ポルトガルの世界遺産その14

ポルトから、スペインに戻り世界遺産の街サラマンカ
 
 
Img_4032
 
Img_3904
チュリゲラの像
 
 
Img_3905
 
マヨール広場
王位継承戦争において、サラマンカの貢献に感謝したフェリペ5世が命じ建設したもので、チュリゲラ兄弟の末弟であるアルベルト・チュリゲラが設計
 
 
 
Img_3906
 
Img_3907
 
Img_3912_2
 
Img_3909
 
Img_3913
市庁舎は、微量の酸化鉄を含んでいる石材で造られているため、夕日を浴びると金色に美しく輝き、そのため、サラマンカは、「黄金の都市」と呼ばれてきた
 
Img_3928
 
Img_3920
 
Img_3925
 
Img_3924
 
Img_3916
 
Img_3918
 
Img_3919_2
 
Img_3917
 
Img_3914
 
Img_3915_2
 
若者は広場の石畳に寝転んでいる
 
 
Img_4024
 
広場は、この清掃車がきれいにしていた
 
Img_4027
 
Img_3927
 
 
Img_3938
 
Img_3931
 
Img_3932
 
Img_3933
 
Img_3935
 
Img_3939
 
Img_3934
 
Img_3942
 
 
貝の家は改装中
 
Img_3943
 
Img_3945
 
Img_3951_2
 
Img_4017
 
Img_3957
 
サラマンカ大学
 
Img_3963
 
Img_3959
 
Img_3961
1985年に当時の皇太子夫妻、今上天皇と皇后美智子 が訪れたことを記念するラテン語の碑文
 
 
Img_3965
 
Img_3966
 
Img_3964
 
Img_3968
 
このカエルを見つけると合格するとか
 
Img_3969
 
Img_3971
 
Img_3972
 
Img_3974
 
 
Img_3976
 
新旧のカテドラル
 
 
Img_3978
 
Img_3980
 
Img_3981
 
Img_3984
 
 
 
Img_4003
 
Img_3986
 
Img_3988_2
 
Img_3990
 
Img_3991
 
Img_3993
 
 
 
Img_3994
 
Img_3992
 
修復したレリーフには、宇宙服、アイスクリームを持ったライオンが
 
Img_3996_2
 
Img_4004
 
Img_4007
 
Img_4010
 
Img_4011
 
Img_4013
 
Img_4014
 
Img_4021_2
 
Img_4018
 
 
サラマンカは古代ローマ時代は、交通の要所、城壁都市
 
Img_4031_2
 

スペイン・ポルトガルの世界遺産その13

ポルトガルのポルトのカテドラル(大聖堂)
 
Img_3849
 
Img_3880
 
Img_3833
 
Img_3841
 
Img_3840
 
Img_3843
 
Img_3844
 
Img_3845
 
Img_3846
 
Img_3847
 
Img_3848
 
Img_3883
 
 
カテドラルから、サン・ベント駅へ
 
Img_3853
 
Img_3852
 
Img_3856
 
Img_3857
 
サン・ベント駅
 
Img_3863
 
構内の壁を彩る約2万枚のアズレージョ(装飾タイル)が素晴らしい
 
Img_3860
 
Img_3861
 
Img_3864
 
Img_3863_2
 
Img_3866
 
Img_3868
 
Img_3874
 
Img_3870
 
Img_3869
 
Img_3862
 
改札はありません
 
Img_3871
 
Img_3872
 
駅前
 
Img_3875
 
Img_3876
 
Img_3877
 
Img_3878
 
Img_3881
 
Img_3882
 
Img_3885
 
ドン・ルイス1世橋を遠方から
 
Img_3886
ポートワインの酒造メーカー
Img_3888
ボルトからサラマンカへ350kmのバスの旅
スペインに再入国し、昼食を撮ったレストラン。
Dsc_1105
Dsc_1103

Dsc_1101
トイレではキレイな女性に見られてました (^^;)
Dsc_1099
周りはこのように、田舎町
Dsc_1104

スペイン・ポルトガルの世界遺産その12

ポルトガルの最終日は、ポルト
 
Img_3782
 
Img_3783
 
Img_3784_2
 
Img_3785_2
 
エンリケ航海王子の像が建つ広場
 
Img_3787
 
Img_3793
 
ボルサ宮
1834年に建築され、最近まで証券取引所としてしようされ、現在は商工会議所になっている
 
Img_3795
 
外観だけの見学
 
Img_3796
 
ポルトガルでは、子供の通学には親が付きそうとのこと。
 
Img_3797
 
 
サン・フランシスコ教会
教会の中は、すごく豪華な金泥細工で、キラキラらしいが、ここも外観だけ。
 
Img_3802
祭壇画には、長崎やモロッコにおける殉教の場面、布教に訪れた異国の地で起こった出来事などが描かれている
 
 
Img_3803
 
Img_3804
 
時計は壊れたままであった
Img_3805
 
Img_3809
 
Img_3808
 
Img_3799
 
面白い、公衆トイレ
Img_3806
 
現地の日本人ガイドの話しだと、なれないと使い方が難しいらしい。
 
Img_3811
 
Img_3813
 
Img_3814
壁の絵はアート
 
Img_3829
 
Img_3807
 
Img_3816
 
Img_3818_2
 
ドン・ルイス1世橋を歩く
Img_3815
 
319mkの道路・鉄道併用橋を10分で歩く。
Img_3817
 
向こう岸まで行き、ここ写真を撮る予定が時間的に途中まで。
 
Img_3822
 
電車は頻繁に通過して行く
 
Img_3821
 
橋の上からのポルト市街はきれいだ
 
Img_3824_2
 
Img_3820
 
下から見るとこのような橋(netから拝借)
 
マリア・ピア橋
 
 

2017年4月 1日 (土)

スペイン・ポルトガルの世界遺産その11

リスボン市内を見渡せるサン・ペトロ・デ・アルカンタラ展望台
 
Img_3698
 
Img_3696
 
Img_3697
 
Img_3699_2
 
Img_3701
 
Img_3704
 
Img_3700
 
Img_3705
 
 
坂を下りるのは、このケーブルカーで3分
 
Img_3707
 
 
Img_3708
 
Img_3709
 
Img_3710
 
落書き(アート?)の電車は日本では考えられません
 
Img_3711
 
Img_3712
 
ポルトに向かう途中、ナザレにて昼食
 
Img_3720_2
 
Img_3722
 
大西洋の波
Img_3729
 
Img_3723_2
 
Img_3724
 
Img_3737
 
Img_3736_2
 
Img_3738
 
Img_3727
 
Img_3750
 
 
 
Img_3739
 
Img_3740
 
Img_3742
 
Img_3743
 
Img_3745
 
 
 
Img_3752
 
シティオ地区
Img_3762_2
 
Img_3765
 
Img_3764
 
Img_3766
 
Img_3768
 
Img_3780
 
Img_3770
 
 
Img_3771
 
Img_3773
 
Img_3774
 
Img_3779_3
 
エルサレムから運ばれたというマリア像。
 
拝観料は1€
Img_3778_3
 
 
 

2017年3月31日 (金)

スペイン・ポルトガルの世界遺産その10

ベレンの塔
 
テージョ川を行き交う船を監視 し、河口を守る要塞としてマヌエル1 世が建設を命じたもの
 
Img_3574
 
Img_3580
 
Img_3575
 
Img_3578_2
 
レプリカ
Img_3579
 
Img_3581
 
Dsc_1017
 
 
 
Img_3569
 
Img_3583
 
Img_3584
 
発見のモニュメント 
ヴァスコ・ダ・ガマがインド航路へ旅立った際の船出の地
エンリケ航海王子を先頭にマゼランやヴァスコ・ダ・ガマなど大航海時代に活躍した偉人たち33名の像
Img_3587
 
Img_3602
 
Img_3588
 
Img_3597
 
Img_3592
 
Dsc_1030
 
Img_3603
 
 
Dsc_1037
 
Img_3611
 
エンリケ王子
Img_3609
 
ヴァスコ・ダ・ガマ
Img_3606
 
Dsc_1032
 
Dsc_1035_2
 
Dsc_1036
 
 
世界遺産のジェロニモ修道院
1502年、マヌエル1世はインド航海路を切り開いたエンリケ航海王子とヴァスコ・ダ・ガマの偉業を讃え、また新天地開拓へと繰り出していく航海の安全を祈願して、ベレンにジェロニモス修道院の建設を開始した。
東方交易で得た潤沢な資金を惜しげもなくつぎ込んだマヌエル様式の建物は、1551年には修道院内の聖堂や回廊、修道士の寝室周辺など、主要部分の完成をみるが、工事完了までには着工から約1世紀の時を要した。
聖母マリア聖堂は、マヌエル1世以後の王家の墓廟
Img_3616
建物が大きく過ぎて
Img_3625
全部を撮ろうとしましたが
Img_3627
結局、一部しか撮れません
Img_3630
ミサ中は入館が出来ないので、並んでいます。
Img_3626
 
Img_3632
 
Img_3633
 
Img_3639
 
Img_3645
 
Img_3646
 
Img_3649
 
Img_3657
 
Img_3662
 
ヴァスココ・ダ・ガマの棺
Img_3666_2
 
Img_3668
 
Img_3669
 
Img_3674_2
 
Img_3677
 
Img_3678
 
Img_3679
 
Img_3681
 
Img_3683
 
Img_3689
 
Img_3690
 
Img_3691
 
 
 

2017年3月30日 (木)

スペイン・ポルトガルの世界遺産その9

レコンキスタ(国土回復運動)の名残を見せるイスラム建築なども残されており、独特の景観を形成している。
 
現在では、この地に残されている建造物を含めた街の景観自体が、「シントラの文化的景観」として世界遺産
 
Img_3458
 
Img_3459
 
Img_3462_2
 
Img_3466
 
Img_3461
 
Img_3467
 
Img_3468
 
ムーア人の砦の跡
Img_3464
 
Img_3476
 
Img_3477
 
Img_3473
 
 
王宮
 
Img_3469_2
 
Img_3479
 
Img_3481
 
Img_3483
 
Img_3486
 
Img_3484
 
Img_3490
 
Img_3492
 
Img_3493
 
Img_3494
 
Img_3496
 
Img_3498_2
 
Img_3503
 
Img_3502
 
 
Img_3505_2
 
Img_3507
 
Img_3506
 
Img_3508
 
Img_3509
Img_3512
Img_3513
Img_3516
紋章の部屋
Img_3525
 
Img_3521
 
Img_3522
 
Img_3524
 
ヴァスコ・ダ・ガマの紋章
Img_3529
 
Img_3527
 
Img_3528
 
Img_3530
 
Img_3532
 
Img_3534
 
Img_3536
 
Img_3537
外から見える白い煙突は、台所でした。
 
Img_3539_3
 
Img_3544
 
Img_3542
 
Img_3545
 
Img_3546
 
Img_3549
 
Img_3547_2
王宮からの町の眺め
 
Img_3555_2
 
 
 

2017年3月29日 (水)

スペイン・ポルトガルの世界遺産その8

ユーラシア対立最西端、ロカ岬
 
Dsc_0949
 
Dsc_0960
 
Img_3441
 
Img_3439
 
Img_3440
 
Img_3442
 
Img_3446
 
Img_3448_2
 
Img_3450
 

スペイン・ポルトガルの世界遺産その7

世界遺産の町エブォラ
スペインからポルトガルに向かう途中に、昼食を摂った町は、世界遺産の町だった。
Img_3344
 
Img_3345_4
 
 
Img_3347
 
Img_3348
 
Img_3350
 
Img_3349
 
Img_3351
 
Img_3352
 
Img_3353
 
 
Img_3352_2
 
Img_3355
 
Img_3356
 
 
Img_3358
 
Img_3359
 
Img_3360
 
Img_3362
 
Img_3363_2
 
Img_3365_2
 
Img_3367
 
Img_3368
 
Img_3373
 
Img_3375
 
Img_3377_2
 
Img_3378
 
Img_3379
 
Img_3380
 
Img_3381
 
Img_3382
 
Img_3383
 
 
Img_3385
 
Img_3386
 
Img_3387_2
 
Img_3389
 
Img_3390
 
Img_3392
 
Img_3396
 
Img_3399
 
Img_3400
 
 
 
 

スペイン・ポルトガルの世界遺産その6

セビリアのカテドラル
Img_3151
 
Img_3156
 
Img_3147
 
 
Img_3152
 
Img_3153
 
Img_3154
 
Img_3155
 
Img_3160_2
 
 
Img_3161
 
Img_3165
 
Img_3166
 
Img_3163
 
Img_3167
 
Img_3168_2
 
Img_3175
 
Img_3170
 
Img_3177
 
 
Img_3180
 
ヒルダの塔
Img_3181
 
 
Img_3186
 
Img_3187
 
 
Img_3190
 
Img_3191
 
Img_3194
 
Img_3195
 
カテドラルの周辺にアルユダヤ人街
Img_3205
 
Img_3206
 
Img_3211
 
Img_3212
 
Img_3208
 
Img_3217
 
ローマ時代の城壁
Img_3221_2
 
 
Img_3145
 
Img_3139
 
Img_3228
 
 
スペイン広場
 
 
Img_3234
 
Img_3237
 
Img_3241
 
Img_3244
 
Img_3246
 
Img_3247
 
Img_3248
 
Img_3251
 
Img_3256
 
Img_3253
 
Img_3252
Img_3255
 
Img_3254
 
Img_3258
 
Img_3261
 
 
Img_3260
 
 

スペイン・ポルトガルの世界遺産その5

アルハンブラ宮殿
 
キリスト教徒によるレコンキスタ(国土回復運動)によって覇権を奪われていったイスラムの王国が、丘の上に築いた宮殿
 
Dsc_0875
入場制限があるため、当日券を求めて並んでも、アルハンブラ宮殿の入場券はほとんど購入出来ず、
ヘネラリーフェ庭園しか入れないようです。
Img_20170327_020114


この門から入ります。
Dsc_0787
 
Dsc_0788_3
 
 
Dsc_0795
 
 
Dsc_0796
 
Dsc_0799
 
Dsc_0800
 
Dsc_0808_2
 
Dsc_0812
 
 
Dsc_0815
 
Dsc_0816_2
 
Dsc_0820
 
Dsc_0823
 
Dsc_0828
 
Dsc_0832
 
Dsc_0831
 
Dsc_0835
 
Dsc_0839
 
Dsc_0840
 
Dsc_0844
 
Dsc_0847
 
Dsc_0851
 
ヘネラリーフェ離宮
1319年に王族の夏の邸宅として造営される。
水の宮殿と称される離宮には、ネバダ山脈の雪解けす水が引かれ、各庭園には、土地の高低差を利用して造られた池や水路、泉水が数多くある。
 
Dsc_0852
 
Dsc_0863
 
Dsc_0864_3
 
Dsc_0871
 
Dsc_0872
 
 
 

2017年3月27日 (月)

スペイン・ポルトガルの世界遺産その4

バルセロナからコルドバまでは、高速鉄道の旅
8時30分発、13時15分到着
コルドバは、  「西方の宝石」と呼ばれる美しい都
コルドバの歴史の始まりは、ローマ帝国時代までさかのぼり、ローマ帝国の植民地「ベティカ」時代、そして、ローマ帝国の衰退後、6世紀にはキリスト教国の支配下に置かれた。
8世紀になるとイスラム教徒ムーア人が築いた王朝の都となり、その後、10世紀イスラム今日カリフ王国の時代に最盛期を迎える。
 
コルドバの街は、その歴史の影響を受け、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の3つの宗教・文化が入り混じった、複雑で独特の景観を今に残している。
ローマ橋
Img_2909
 
Img_2912
 
橋の門
Img_2913_2
 
中に入り、メスキータを横目に、サン・ラファエロの勝利塔
Img_3003
 
Img_3009
 
Img_3010
 
世界遺産のメスキータ
メスキータは、イスラム教徒が造った円柱の森、ミフラーブ、キリスト教徒が建造したマヨール礼拝堂はもちろんのこと、モスクのミナレットを改造した鐘楼など、イスラム教とキリスト教の文化が共存する建築物をいう
 
外壁
Img_2914
 
Img_2916
 
Img_2921
 
サン・ミゲル門
Img_2919
 
Img_3004
 
Img_2922
 
ミナレット
Img_2935
 
Img_2941
 
Img_2942
 
 
この免罪の門から入ります
Img_2948
 
Img_2951
 
Img_2952
 
Img_2955_2
 
Img_2959
 
Img_2962
 
 
Img_2964
 
Img_2969
 
Img_2971
Img_2973
 
Img_2977
 
Img_2980
 
Img_2987
 
Img_2998
Img_3000
 
Img_3006
 
メスキータの近くにユダヤ人街があり、花の小道がある。
Img_2923_2
 
Img_2925
 
Img_2927_2
 
Img_2931
 
Img_2932
 
Img_2933
 

2017年3月25日 (土)

スペイン・ポルトガルの世界遺産その3

グエル伯爵とガウディが夢見たイギリス風庭園住宅の夢の跡
 
グエル公園
Img_2803
 
 
Img_2805
 
Img_2810
世界一長いと認定されている波打つベンチ
 
Img_2813
 
Img_2861
 
Img_2853
Img_2811
 
Img_2812 Img_2816
 
Img_2819
柱廊
Img_2827
Img_2821
Img_2822
Img_2826
 
Img_2828
列柱ホール
Img_2831_2
Img_2830
 
 
Img_2832_2
Img_2835
 
Img_2833
 
Img_2836_2
 
Img_2837
 
Img_2845
 
Img_2847
 
Img_2840
 
 
 
Img_2864
Img_2846
Img_2814
Img_2867
Img_2865
Img_2799
Img_2802
Img_2801
 

スペイン・ポルトガルの世界遺産その2

バルセロナの世界遺産は、アントニ・ガウディの作品が遺産となっている。
 
カサ・バドリョ
 
Img_2784_2
 
ユニークな外観が目を引くこの建物のテーマは海。外壁に埋め込まれた色とりどりのガラスモザイクは、地元の会社から譲り受けた廃棄物のガラスや陶器の破片を利用したもの
 
Img_2786_2
Img_2785
Img_2786_3
 
Img_2783_2
 
カサ・ミラ
Img_2791
 
直線を全く使わず、波打つ曲線をもつモデルニスモの建造物は、地中海やカタルーニャの雪山をテーマに造られている。
現在も賃貸マンションには4世代が居住中。
 
Img_2794_2
 
植物をかたどったデザインのバルコニー
Img_2792_2
 
ユニークな屋上の煙突
Img_2796_2
Img_2795
 
街路灯もユニーク
 
Img_2790
 
Img_2797_2
 
ガウディの作ったタイルのレプリカを歩道に敷き詰めている
 
Img_2777
 
Img_2779
ガウディのライバルの一人、ルイス・ドメネク・モンタネーレの建築した、カルターニャ音楽堂へは、雨の中迷いながらもたどり着いた。
Img_2894
 
Img_2895
Img_2897
Img_2898

スペイン・ポルトガルの世界遺産の旅その1

スペイン・ポルトガルの世界遺産の旅の最初は、ここサグラダファミリア。
 
Img_2773_4
 
サグラダファミリアは、1883年にアントニ・ガウディが建築を始め、2026年に完成予定。
 
世界遺産登録により観光客が訪れて入場券売上げで、建築費が賄えるようになり、没100年の2026年に完成させると進められている。
 
世界遺産に認められているのはガウディが手掛けた、東側の「生誕のファサード」と「地下聖堂」のみ。
 
 
受難のファサード
Img_2759_3
 
Img_2760_2
 
生誕のファサード
Img_2717
 
Img_2720_4
 
Img_2718
 
Img_2722
 
Img_2723
 
聖堂の内部
Img_2733
 
Img_2745
Img_2751
 
Img_2744
 
Img_2743
 
Img_2747_2
 
Img_2746
 
Img_2754_2
 
Img_2752
 
 
 
鐘楼に登る予定であったが、雨の予報のため中止になり残念だった。
 
Img_2755
 
Img_2756_2
 
Img_2763
 
Img_2767
 
 
Img_2769
 
Img_2771
強い雨の中、ライトアップされたサグラダファミリア。
Img_2904_3
 
 

2016年7月 2日 (土)

カナダ Queen Charlotte Islands / haida Gwaii にてフィッシング その2

このハーバーから朝7時に一斉に漁場へ
まず、乾燥室でこの防寒具と長靴に履き替えます。
Dsc_5932


Dsc_5933

いざ出陣です
Img_2075
 
Img_2076
 
Img_2081
 
Img_2087
 
 
Img_2088
 
Img_2089
 
Img_2109
 
Img_2114
 
Img_2116
 
Img_2151
407c4715
釣り竿は、2人で4本。
Img_2106
Img_2104
1本に掛かると、他の3本は直ぐに巻き上げて糸が絡みつかないようにします。
 
船長は、あちこち漁場を替えてポイントを探しますが、なかなか釣れません。
13578500_899442723499846_1656271290
釣り上げると記念写真。これは12ポンド。
Img_2039_2
Img_7584

Img_7624

Img_8209
Dsc_6059
釣れるのを待つ時間は、塩を吹くクジラ、熊、トド、白頭鷲を時々見つけます。
Img_2011_2
望遠で波に揺られながらの、シッターチャンスは厳しい
Img_2146
クジラや熊は遠すぎるし、トドはボートの速度が速すぎで撮影できなかった。
釣りの時は写真が殆ど無い・・・
帰りには、釣ったサーモンはこのようにして、飛行機に持ち込んでスーツケースとは別に1個23kgまで、無料で日本に持ち帰れます。
Dsc_6073

Dsc_6078

Dsc_6072
 

カナダ Queen Charlotte Islands / haida Gwaii にてフィッシング その1

バンクーバーからこのプロペラ機でシャーロット島のMasatへ
Img_1862
 
バンクーバー空港にいた、戦闘機。
 
Img_1863
Img_1864
 
 
Img_1880
客室乗務員は2名
Img_1871
機内で配られたおビスケット類
Img_1887
 
Img_1888
 
ロッキー山脈
Img_1917
 
Img_1940
 
ヘリで Peregrine Lodge へ
Img_1965
 
ロッジのヘリポートに到着
Img_1995
ロッジ
Img_2166
Img_2167
Img_2171_2
Img_2172
Img_2175
Img_2176
Img_2169
ロッジのレストラン棟
Dsc_6021
Dsc_6010
Dsc_6012
Dsc_59822

スタッフ
Dsc_5938
Dsc_6017

ヘルシンキ市内ミニ歩き

バルト三国へは、JALでヘルシンキ経由だったので、エストニアのタリンから船でヘルシンキに戻り、2時間余の時間で、大聖堂界隈を歩いた。

先ずは、ヘルシンキ大聖堂

Img_1471

Img_1526_2

内部は、バルト三国で見たのと違いシンプル。

Img_1527

Img_1531

ロシア皇帝アレクサンドルⅡ世の銅像。

Img_1532_2

大聖堂の広場前

Img_1529

Img_1533

Img_1534

Img_1473

広場から通りを抜けると市役所

Img_1506

各扉毎に風防室

Img_1482

受付カウンター

Img_1483_2

日本の市役所と全く違うイメージ

Img_1481

トイレ

Img_1480

広い洗面所は、別にもう1箇所あった。

ロシア正教会のウスペンスキー

Img_1488

 

Img_1497

Img_1501

Img_1509

地図綿よりにヘルシンキ中央駅へ

Img_1517

Img_1519

Img_1522

Img_1521

Img_1520

Img_1523

2016年4月 5日 (火)

中世の薫り漂うバルト三国14-ユーゲントシュティール

ラトビアの首都リーガには、アールヌーボーの旗手ミハイル・エイゼンシュタインの独創的な建築が集中してある

Img_1088_2

Img_1094

Img_1095

Img_1096_2

Img_1097

Img_1100




Img_1099_2

Img_1101

Img_1115


Img_1102

Img_1114

Img_1103

Img_1104



Img_1105

Img_1111

Img_1106

Img_1112

Img_1120

Img_1121

Img_1122

Img_1123

Img_1124_3

Img_1125_2

Img_1126_4

Img_1129

Img_1127

Img_1131

Img_1133

Img_1138

Img_1135
Img_1136

Img_1134

Img_1141

Img_1137

Img_1142

ここの地域には、につかない名前の店がありました。

Img_1143

ルンダーレ宮殿に行く途中に、ドライバーの機知により、見ることができました。

中世の薫り漂うバルト三国13-ルンダーレ宮殿

バルト三国の最後の観光は、バルトのヴェルサイユとも言われる、バロック様式の豪華な宮殿。

Img_1366

ロシアの女帝アンナの愛人、ビロン公の夏の宮殿として建築。

Img_1203

1736年に建て始められ、ロビン公のシベリア流刑の屈折もあったが1768年に完成

Img_1205

Img_1208

Img_1211

Img_1213_2

Img_1218_2

二階の写真撮影には、2ユーロが必要

Img_1222

靴にはカバーをして歩きます

Img_1224

Img_1225

二階には木造の階段で登ります

Img_1228_2

Img_1229

Img_1231

Img_1232

謁見の間

Img_1256

Img_1258

黄金の広間と呼ばれる、即位の広間

Img_1261

Img_1260_3


Img_1240

壁面は、人工大理石と金箔を貼った漆喰彫刻

Img_1250


Img_1253

Img_1246

Img_1254

Img_1255

この鉢の写真を撮ろうとしてテーブルに触ったらセキュリティの警戒音が鳴ってしまった。

Img_1262

白の広間と呼ばれるダンスホール

Img_1276

Img_1264

Img_1265
Img_1277




Img_1266

Img_1267

Img_1268

Img_1271

Img_1274_2

Img_1279


Img_1280

Img_1233_2




Img_1234

Img_1237

Img_1290

Img_1288

Img_1283_2

Img_1284

Img_1285

Img_1291

Img_1292

Img_1293

Img_1298

Img_1299

Img_1294

Img_1300

Img_1301

Img_1302

Img_1303

Img_1304

Img_1305

Img_1307

Img_1308

Img_1309_2

Img_1315

Img_1316

Img_1318

Img_1317

Img_1320

Img_1321

Img_1322

Img_1325

Img_1324

Img_1326

Img_1331

Img_1328

Img_1332

Img_1333_2




Img_1336

Img_1334

Img_1337

Img_1335_2

Img_1338

Img_1339_2

地下の資料庫

Img_1340

Img_1341

Img_1343

Img_1344

Img_1360

Img_1364

Img_1365

旧ソ連時代の宮殿は悲惨なもの・・・

Img_1358

Img_1359

広大なフランス庭園は、手入れ中

Img_1314

Img_1312

Img_1313

Img_1370

Img_1372

Img_1374

後世に作られたと言う馬小屋

Img_1197

Img_1198

Img_1200

中世の薫り漂うバルト三国12-トラカイ城

ヴィリニュスから、28kmのところに、トラカイ城があります。

Img_1002

バスの駐車場からトラカイ城に行く途中の道の両側には、ユダヤ系住民の カライム人が住む家が並んでいる。

Img_0989

彼らの家の特徴は、三つの窓があることです。

Img_0990_3

Img_0992_3

Img_0988

昼食は、トラカイ名物のキビナイ(ミートパイ)

Dsc_5517

Img_0977

湖の中にあります。

Img_0994_6


Img_1001_2

Img_1002_3

Img_1004

Img_1003

Img_1005

Img_1006_2

城門の中では、1.5ユーロ支払っての写真撮影です

Img_1452

Img_1008

Img_1009

Img_1010_2

城内の入口

Img_1011

Img_1012


Img_1014_2

Img_1029


Img_1016

Img_1018

Img_1019

Img_1020

Img_1022
Img_1040



Img_1024

Img_1027

Img_1028

Img_1035

Img_1037

Img_1042

昔のらせん階段

Img_1044

Img_1045

2016年4月 4日 (月)

中世の薫り漂うバルト三国11-世界遺産の町ヴィリニュスその2

世界遺産の町ヴィリニュスは、教会が多い。

今は博物館となっている聖ミカエル教会

Img_0884

Img_0888

Img_0902

Img_0885

聖アンナ教会

Img_0890

ナポレオンが「わが手に収めてフランスに持ち帰りたい」と語ったのは有名な話。

この鐘楼は19世紀に建築

Img_0893

奥にあるのが、ベルナルディン教会

Img_0892

Img_0915

Img_0918

ロシア正教教会

Img_0916

夜明けの門に行く途中の丘の上からの旧市街地

Img_0922_2

Img_0923

Img_0924

Img_0926

かつては9つあったという城門で、唯一現存している夜明けの門

Img_0931

門の周りの城壁

Img_0932

Img_0934

Img_0935

Img_0937

Img_0938_2

聖霊教会

Img_0940

ロシア正教教会

Img_0939

Img_0941

Img_0942

Img_0945

Img_0944

日本車は殆ど見かけない中で、プリウスのタクシー

Img_0946

Img_0947

三位一体教会の門

Img_0954_2

Img_0950

Img_0951

Img_0952

Img_0953

聖テレサ教会

Img_0956

聖三位一体教会の門

Img_0954_3

門の外の土産物売り

Img_0959

かつてここは城壁

Img_0960

町中で見つけた

Img_0961











































中世の薫り漂うバルト三国10-世界遺産の町ヴィリニュス

リトアニアの首都ヴィリニュスは旧市街が世界遺産です。

ですが、ここでも最初は杉原千畝記念碑。

Img_0772

この記念碑の対岸は旧市街です。

Img_0773

Img_0774

Img_0775_2

Img_0778

Img_0779

ケディミナス城

Img_0781

Img_0786

大聖堂から望むと

Img_0836

Img_0835

聖ペトロ&パウロ教会

Img_0787

Img_0801

Img_0790

日曜ミサの最中でした

Img_0794

Img_0796

Img_0798

ミサに急ぐ女性

Img_0803

Img_0802

Img_0807

Img_0813

大聖堂

Img_0819

ギリシア神殿のような大聖堂のファサード

Img_0821

53mの鐘楼。毎時鐘が鳴る

Img_0827

Img_0822

Img_0828

Img_0823

Img_0834

Img_0831

三つの十字架の丘

Img_0920

Img_0830

再建された王宮で、今は博物館

Img_0832

Img_0838

Img_0842

Img_0841

Img_0845

Img_0844

Img_0847

Img_0848



Img_0846

Img_0849

大統領府

Img_0850

大統領は、黒帯2段の女性。

Img_0852

ヴィリニュス大学と聖ヨハネ教会

Img_0853

大学の図書館入り口ドア
Img_0856

Img_0858

Img_0860

Img_0863

世界遺産登録

Img_0864

Img_0865

Img_0866

Img_0867

Img_0868

Img_0870

琥珀店の看板

Img_0872

Img_0873

Img_0874

Img_0875

Img_0870_2

2016年4月 3日 (日)

中世の薫り漂うバルト三国10ー杉原記念館

カウナスの日本領事館領長代理だった、杉原千畝は第二次世界大戦時、ナチスに迫害を受けていたユダヤ人に、渡航ビザを発行して6,000人以上の命を救い、日本のシンドラーと呼ばれている。

その功績を讃えて、旧日本領事館を杉原記念館として保存している。

Img_0754

こちらが玄関で、ドラマや映画ではこの張り巡らされたフェンスの前に大勢のユダヤ人が押し寄せていた。

Img_0752

建物前の道路

Img_0756

建物の裏

Img_0751

Img_0733

入口はここから

Img_0734

Img_0735

建物の中に入ると15分間のビデオ。

ビデオを見ながらその功績に感動して涙腺が緩んだ。

その後、展示室、執務室を見学。

Img_0737

Img_0739

Img_0740

Img_0742

Img_0744

通過査証

Img_0748

Img_0747

Img_0749

この杉原記念館は老朽化が激しく維持管理に多額の費用が掛かるらしいので、

同じ岐阜県人として、少しでもお役に立ちたいと思い、土産用にこれらのチョコレートを買い、

募金箱に募金をしてきた。

Img_0764

中世の薫り漂うバルト三国その9

十字架の丘からカウナスの町へ

Img_0670

Img_0669

Img_0673

Img_0672_2

昼食は、このレストラン

Img_0685

Img_0688

Img_0689

Img_0690

Img_0692

Img_0693

Img_0694

ボルシチ

Dsc_5467

と伝統料理のツェペリナイ

Dsc_5469

ジャガイモで作った飛行船の形に似た伝統料理。

ベルクーナスの家

Img_0700_2

Img_0701

Img_0703

Img_0705

ヴィタウス大公教会

Img_0702

旧市役所前広場

Img_0697

旧市役所

Img_0695

Img_0710

何組も結婚式を挙げていた

Img_0713

Img_0714

Img_0707_3

聖ペテロ&パウロ大聖堂を広場から望む

Img_0709

ベルナルディン修道院

Img_0717

Img_0683_2

石畳の道

Img_0706

Img_0699

聖ペテロ&パウロ大聖堂

Img_0680

Img_0718

教会内部

Img_0721

Img_0722

Img_0723

復元されたカウナウ城

Img_0727

Img_0729

Img_0725

Img_0731

Img_0732

元銅線工場の壁面

Img_0726






















中世の薫り漂うバルト三国その8

バルト三国の世界遺産の旅も4日目は、ラトビアの首都リーガからリトアニアのカウナスへ

290km/4時間半のバスの旅です。

朝、リーガのホテル周辺を歩くと寒さが堪えたはずだ、路上駐車の車の屋根は凍り付いていた。

カウナスへ行く途中は、昨夜の雨が雪になっていた。

Img_0602

ラトビアとリトアニアの国境

Img_0612

リトアニアの農家

Img_0613

Img_0614

Img_0622

カウナスに行く途中に立ち寄った、十字架の丘

Img_0627

駐車場から、晴れているが冷たい空気の中を500mほど歩く。

Img_0628

Img_0629

Img_0630_2

Img_0633_2

Img_0636_2

Img_0635_2

Img_0639

Img_0641

Img_0647

Img_0648

Img_0652

Img_0654

2016年4月 2日 (土)

中世の薫り漂うバルト三国その7

ラトビアの世界遺産の町リーガで、初めて世界遺産のマークを見つけた

Img_0479

リーガ大聖堂の前広場にあった

広場の周りは

Img_0484_2

Img_0485

Img_0486

Img_0487

Img_0488

Img_0489

リーガ大聖堂

Img_0481_2

Img_0482

Img_0483

中に入ると

Img_0491

Img_0497

Img_0499

Img_0500

Img_0501

パイプオルガン

Img_0505

回廊は博物館になっている

Img_0509

Img_0517

英国教会

Img_0522

Img_0525

聖母受難教会

Img_0521

リーガ城

Img_0528

三兄弟

Img_0532

Img_0531

聖ヤコブ教会

Img_0530

Img_0534

スウェーデン門

Img_0537

この門に続く城壁

Img_0539

Img_0541_2

Img_0542

Img_0543

壁の厚さが3mもある火薬塔

Img_0544

Img_0549

Img_0550

Img_0551_2

大ギルトの前にある猫の家

Img_0552

Img_0553

小ギルド・コンサートホール

Img_0559

Img_0560

Img_0562

Img_0563

中世の薫り漂うバルト三国その6

世界遺産となっているリーガ旧市街の現地案内は、この女性。

Dsc_5450

市内は、このような狭い路地が多い

Img_0411

聖ヨハネ教会へは、狭い路地を抜けていきます

Img_0414

Img_0415_2

Img_0417

Img_0418

Img_0419

Img_0421

自由ハンザ都市ブレーメンからの贈り物の「ブレーメンの音楽隊」

Img_0424_2

広場から

Img_0427

Img_0428

気温は5℃らしいが、体感温度は完全にマイナスの中の寒そうな売り子

Img_0426

聖ペテロ教会

Img_0438

Img_0431

Img_0432

Img_0433

Img_0425

Img_0436

Img_0437

Img_0439

Img_0441

Img_0442

リーガ技術大学

Img_0443

市庁舎

Img_0444

市庁舎前広場

Img_0463

ブラックヘッドの会館

Img_0447

Img_0448

Img_0451

Img_0452

Img_0457

Img_0462

Img_0473

広場に建つ聖ローランドの像

Img_0461

Img_0464

Img_0468

Img_0471

Img_0475

Img_0477

Img_0480

中世の薫り漂うバルト三国その5

エストニアからラトビアへ、309kmのバスの旅

Img_0295

タリンの町から田舎の方に行くと、道路沿いは農家が点在している。

Img_0298

Img_0299

Img_0308

白樺林や松林が多い。

こちらの松は、まっすぐ伸びており、まるで枝打ちをしたかのように、枝が無い。
日本の松を見慣れている者にとっては、不思議な光景である。

Img_0318

途中トイレ休憩のためスタンドによる。

Img_0320

道路の反対側の民家

Img_0321

今回のバスと運転手。

Img_0322

Img_0334

Img_0335

Img_0337

エストニアとラトビアの国境で30分の休憩

Img_0346

ラトビア側の旧入国審査場

Img_0348

ラトビア側の旧入国審査場

Img_0350

ラトビアの国境沿いの農家

Img_0353

Img_0355

Img_0378

リーガ市内

トラムやトローリーバスがよく走っている

Img_0381

Img_0385

Img_0391

Img_0396

Img_0397

Img_0399

Img_0401

リーガ市内のロシア教会

Img_0403

Img_0404

Img_0409

この後、昼食後世界遺産となっているリーガの旧市街へ。

«中世の薫り漂うバルト三国その4

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31